補足的なリンク

お茶の水女子大と「桜蔭」

キュレーター 後藤健夫

お茶の水女子大学は、明治8年に設立された「東京女子師範学校」をルーツとする。
大学の附属として、高校、中学、小学校、そして幼稚園があり、それぞれに同窓会組織がある。
幼稚園は「ちぐさ会」、小学校は「茗鏡会」、中学校は「鏡影会」、高校は「作楽会」であり、大学は「桜蔭会」である。
大学の同窓会が「桜蔭」会であることから想像できるように、「桜蔭学園(桜蔭中学校・高等学校)」は、お茶の水女子大学、かつての東京女子高等師範学校の同窓会社団法人桜蔭会が大正13年に創立したものである。
桜蔭学園は前年に起きた関東大震災後の女子教育機関の不足を整備し、あわせて社会報恩の理念のもとに設立された。

先日、「大学ジャーナル」の取材で学長を訪ねた際に、「いま、桜蔭との関わりは?」とお聞きしたところ「なかなか振り向いてもらえない」とのこと。
これからは大学も高校も「連携の時代」である。
大学は既に「大学間」「対地域」「対高校」等々で連携を模索し始めている。 
お茶の水女子大も、東京海洋大、横浜国立大と共同調達の連携を始めるほか、既に福井県と人材養成のアライアンスを組んでいる。

お茶の水女子大には、女性教育において一日の長がある。
うまく連携することでお互いのさらなる教育の質の向上を図れたらいいのに。
お茶の水女子大にしても、桜蔭にしても、連携する関係を築けないのは、ちょっと残念な感じがする。

▲ページTOPへ