トップが語る、「大学」と高校生へのメッセージ

青山学院大学学長 伊藤定良先生「新しい自分と出会うために」

伊藤定良先生の写真

「英語の青山」などと呼ばれてきたように、いち早く今日のグローバル化時代に対応する人材を輩出してきた青山学院大学。

グローバル化に加えて、学部教育における教養教育が見直される中、2003年からは独自の教養教育システム「青山スタンダード」を掲げ、その流れをリードしてきました。

「大学とは、≪学びの場≫、≪出会いの場≫、≪創造の場≫である」との理念を掲げ、2012年度から始まる新しい青山をリードされている伊藤定良学長に、大学で学ぶべきこと、そのために高校時代から心がけておきたいことなどをお聞きしました。

対話力を高めよう

青山学院大学の写真

最近は、大学の4年間を通して身につけるべきものを、学士力、研究力、就業力、社会人基礎力などと"力"をつけて呼ぶことが多いようですが、私もこの春には、卒業していく学生に「対話力」という言葉を贈りました。対話とは、議論するだけでなく互いに論点を明らかにしてそれを新しい次元へ引き上げながら、最終的にはお互いが共通認識を持つためには欠かせないもので、その力は、コミュニケーション能力の中核となるものです。

この言葉を贈った一番の理由は、これからの社会ではチーム力がこれまでにも増して重要になってくると考えるからです。企業における商品開発や企画の立案はもとより、大学や研究機関での研究開発においても、専門分化の進む今日、これまで以上にチームワークは不可欠だと思います。

そもそも人は、背負っている歴史や文化、育ってきた環境がそれぞれ異なりますから、一つの問題に対しても受け止め方や対応の仕方が違います。そこでチームで何かを成し遂げるには、対話によってお互いに意思の疎通を図り、合意を形成していかなければなりません。各々の違いに気付いてお互いが認識を改め、大きく豊かな考え方を共有する必要があるのです。

対話の力を意識してほしいと考えたもう一つの理由は、学生の気風の変化です。私の所属する文学部ではゼミが必修ですが、そのゼミで、最近気になっているのは、報告者に対する質問が以前ほど他のメンバーに広がっていかないことです。ゼミでは毎回、報告者の発表に対して、先生も加わってゼミ生が質問を投げかけ、質疑応答を通じてその日のテーマを掘り下げていくわけですが、それが発表者と質問者の間だけで完結してしまうことが多々あるのです。自分の抱いた疑問に対して答えが得られればそれでよしとするのでしょうか、他のメンバーの質問やそれに対する答えをきっかけに白熱した議論に発展することが少なくなった気がします。このままでは対話の力がなかなか育たないのではないかと心配です。

私の思い描く本来のゼミ、あるいはこれまでに強く印象に残っているゼミでは、一つの質問をきっかけに対話が始まり、当初予想もしなかった大きなテーマが次第に浮かび上がって、みな時間を忘れます。あるゼミ合宿では喧々諤々、議論が深夜まで続いたこともありました。こうしたゼミでは、最後には、テーマが人生や人間の生き方にまで及ぶことも少なくありません。このような経験こそ、社会へ出てからも生きるものなのです。

初めに問いありき

青山学院大学の写真

もう一つ、大学で心掛けてほしいのが、「問い」を大事にすることです。大学では高校と違って、何でも自分から進んで学んでいかなければなりませんから、「なぜ」と疑問を持つことがなければ、学びたいことがまず見つかりません。しかしもっと重要なのは、問うことから、自分なりに答えを見つけていく過程が始まるということです。まさに、《初めに問いありき》で、極端に言えばその問いがどんな些細なものであってもかまいません。まず疑問を抱きそれを確かめたいと思うことが大事なのです。

反対に、答えを探すことを安易に考えてはいけません。辞書を一通り引くだけで済ませたり、簡単にまとめたノウハウ本を見て済ませたりするのでは、せっかくの問いが台無しです。少々まどろっこしいかもしれませんが、一つの問いに対して、手間隙かけて苦労しながら自分なりの答えを見つけることが大切なのです。実はこの過程こそ、大学でしか経験できないような知の営みであり、そこから得られるものが大学で身につけるべき「知」であるともいえるのです。これに対話を重んじることを加えれば、広い意味での教養を身につけることと言い換えられるかもしれません。

私は研究者、歴史家ですから当然かもしれませんが、気になる事象については、その原因や、そこに至った必然性を常に問います。そしてその答えを見つけるために、さまざまな史・資料に当たります。自分なりの答えの確証を得るために膨大な文献を読み漁ることもあります。そこから、これまで誰も気付かなかったような見解、オリジナルな解釈にたどりつくことができるのです。

歴史に関することでなくても、一つの事象や出来事、問題に対しては多様な解釈や見方が成り立ちます。ですから問いはどんなに素朴でも、自分なりに調べていくことで、実にさまざまな意見や主張、考え方に出会います。場合によっては自分のそれまでの見方や考え方が次々と反省を強いられるようなこともあるかもしれません。しかし、それらを付き合わせ総合していく中から、最後には自分なりの解答を見つけることができるのです。そしてこのことはまた、今の高校生や大学生にとってもっとも大切だと私が考える、「自分のやりたいことを見つけること」にもつながってくるものなのです。

自分のやりたいことが見つかると強い

これまで長年、多くの学生を見てきましたが、好きなこと、自分が社会へ出てやりたいこと、やりがいのある仕事や研究を見つけた学生は、見違えるように積極的になるなど、その変貌ぶりには何度も目を見張らされてきました。反対に、多くの学生が苦労しているのもまさにこの点です。大学では授業だけでなく、課外活動、先生や友達と人間関係を深めることも大事だといわれるのも、一つにはこのためです。

私自身は、小さい頃から読書が好きで、中学、高校では歴史書に興味を持ち、大学では歴史を学ぶことを志しました。もっとも最初は日本史をやりたかったのですが、大学で講義を聞き、さまざまな本を読むうちに西洋史を専攻するようになったのですから、高校時代に大学で学ぶことを決めることは、それほどたやすくはないと思います。ただ、高校時代から、早く将来自分のやりたいことを見つけようという姿勢や態度を持っておくことはできるはずです。私はそれだけでもあれば、大学でさまざまな経験を重ねるうちに、自分のやりたいこと、自分がやりがいを持てることに必ず出会えるはずだと思っています。反対に、ただ漠然とみんなが大学へ行くからとか、模擬試験の成績だけを頼りに入れる大学を安易に選ぶのでは、4年間の大学生活が本当に自分のためになるのか疑問です。

高校時代の成績についていうと、入学してからもそれによって自らに枠をはめてしまっている学生が少なからず見受けられるのも気がかりです。本来はもっと力がある、もっとすばらしい資質を持っているのに、なぜそこそこのところでよしとしているのか、もったいないと思うことさえあります。若いのだから失敗しても構わないし、やってみたいことなら少々背伸びをしてでもやってみたらいいのです。

かつて私たちは、ゼミの先生が何を考えているのか探ろうと、必死にその著書を読んだものです。ゼミで先生の揚げ足を取ろうと仲間と事前に作戦を練ったこともあります。今振り返ると、ずいぶん気負っていたものだと思いますが、私はこの「気負う」という言葉に少しも悪いイメージを感じません。むしろこの言葉の表す積極的な意味合いが、まさに若さを象徴しているようで好ましく思っています。大学生ならずとも、高校生ならたまには少し見栄を張って、自分の力ではちょっと読めそうもないような本でも買ってみたらどうでしょう。案外そんなところから、これまで考えもしなかったような自分が見つかるかもしれません。

そのためにもやはり、できるだけ早く自分が将来したいことを見つけることです。それが難しくても、見つけようという姿勢は持ち続けることです。それだけでも、同じ高校生活がずいぶん違ってくるでしょうし、日々の教科の勉強や受験勉強の中に、自分が将来深めてみたいテーマが潜んでいるのに気付くことがあるかもしれないのです。

2012年の改革

2012年春、本学では理工学部と社会情報学部は相模原キャンパスで、他の学部はすべて青山キャンパスで学ぶことになります。これまでのように、1・2年を相模原で、3・4年を青山でというのではなく、それぞれのキャンパスが4年一貫教育の場となります。現在は、そのためのインフラ整備とカリキュラム改革など、教育・研究の実を上げるための大改革が進められているところです。

これはかねてからの私の信念ですが、大学で実りある4年間を過ごすには、1年生から4年生まで、あるいは大学院生までが同じ一つのキャンパスで学び、お互いに刺激し合うことが欠かせません。まだ高校生の面影の残る1年生からは、3年生や4年生、さらには研究者や専門職業人を目指す大学院生はずいぶん大人に見えるでしょう。年齢に開きのある学生同士が一つのキャンパスに集うことで、クラブ活動や課外活動、授業に限らず、先輩が後輩を指導する場面も増えると思います。これは現場教育とも呼べるかけがえのない教育の機会で、学生一人ひとりの視野を広げ、認識を深めるなど、各自の可能性を広げる効果は計り知れません。まさに出会いと創造とがこれまで以上に頻繁に繰り返されることで、知の共同体としての大学は、単にスケールが大きくなるだけでなく、質の充実も図られるのだと思います。

相模原キャンパスでは、2013年へ向けて新しい学部の設置構想もあります。今後の青山に大いに注目してほしいと思います。

※ 青山学院大学の全学共通教育システムを指し、略して"青スタ"とも呼ばれる。「青山スタンダード科目」は、「フレッシャーズ・セミナー」・「ウェルカム・レクチャー」、「コア科目」、及び「テーマ別科目」の3つに区分され、「コア科目」は、「教養コア科目」と「技能コア科目」に区分されている。 どの学部・学科を卒業したかに関わりなく、「一定の水準の技能・能力」を保証するものとして「技能コア科目」が、「一定の範囲の知識・教養」を保証するものとして「教養コア科目」が、「コア科目」をさらに発展させるものとして「テーマ別科目」が置かれている。また、学びへの導入をスムーズにし、学ぶのための方法の基礎を身に付けるため、「フレッシャーズ・セミナー」と「ウェルカム・レクチャー」が置かれている。伝統ある語学教育は少人数制で。ゼミ形式のフレッシャーズ・セミナーや、コア科目の中では一つのテーマを専門の異なる3人の先生がリレー形式で講義する『総合科目』などが人気だ。

基礎学力をつけるために

一つは、毎日、新聞を読む習慣をつけることです。しかも、一紙ではなく二~三紙を読み比べるといいと思います。新聞は情報の宝庫で知識も増えますし、読み比べることで同じニュースや事件を各紙が異なる観点で取り上げていることに気付き、「なぜ」という疑問がたくさん生まれてくるからです。

さらに一般的に言えば、やはり読書が大切です。本のよいところは、自分の好きな時に、自分のペースで読め、書き込みもできる点です。また、読んでいる間に、自然に感性が磨かれるなど、多くのことを身につけることができると思います。

Profile

青山学院大学 学長

伊藤 定良先生

1966年東京大学文学部西洋史学科卒業。72年同大学大学院人文科学研究科西洋史学専門課程博士課程単位取得後、日本大学文理学部専任講師及び助教授を経て、78年より青山学院大学文学部助教授、87年教授。研究テーマはナショナリズムの史的展開。『ドイツの長い一九世紀』(青木書店)、『越境する文化と国民統合』〔共著書〕(東京大学出版会)など著書多数。東京都立三鷹高等学校出身。

※この記事は、大学ジャーナル2010年9月号(Vol.89)に掲載された当時のものです。